博士論文を出版しました。大阪市立大学 創造都市研究科教授 明石芳彦先生 、大阪府立大学 経済学研究科教授 北居明先生、 神戸商科大学 経営学研究科教授 小西一彦先生方、恩師の先生方の、ご指導のおかげです。

博士論文を出版しました。大阪市立大学 明石芳彦先生 、大阪府立大学 北居明先生、 神戸商科大学(現:兵庫県立大学)小西一彦先生、恩師の先生方の、ご指導のおかげです。

博士論文の製本ができました。博士論文は、博士の学位を請求する論文です。博士論文そのものは三部作成し、大阪市立大学に提出して、手元にはありません。

論文製本

通常、博士論文を提出したあとは、博士論文を出版するようになっています。博士論文を出版すると国会図書館に納め、更に、これまで博士号の取得にお世話になった大阪市立大学の図書館、そして、修士論文を作成し修士の取得にお世話になった大阪府立大学と神戸商科大学(現:兵庫県立大学)の図書館にも寄贈します。

論文製本

さらに、ご指導いただいた神戸商科大学経営学研究科教授 小西一彦先生、大阪府立大学経済学研究科教授 北居明先生、大阪市立大学創造都市研究科教授 明石芳彦先生にお贈りします。

論文製本

さらに、これまでコンタクトレンズ業界の研究を進める時にお世話になった取引先の企業および代表者の方にも、研究成果の還元のために、博士論文の著書を寄贈する予定になっています。

論文製本

まだ、手に取ったばかりの著書です。ふわっとした感触のカバーで、金文字で「顧客満足追求のダイナミクスに関する実証研究~コンタクトレンズ業界における事例研究から~」と表記されています。

論文製本
まるで普段着から晴れ姿に着替えたような、気恥ずかしい気持ちです。こんな立派な表装をしてもらって、まるで結婚式の新郎と、見まがうような晴れ姿です。

2010年10月5日(火)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です