だまされたと思って:だまされたと思って隕石を触り、お願い事をしてみました。

だまされたと思って:だまされたと思って隕石を触ってみました。隕石は、本物だそうです。隕石にお願いをすると、願い事がかなうそうです。岡山県 湯原温泉ツアー(5)

だまされたと思ってやれば、案外だまされたと思ってやった事以上の効果を手にいれる事があるかもしれません。松葉博雄はそんな思いも込めて、隕石を触りお願い事をしてみました。

今夜泊まる、湯原温泉 郷緑館に、まだチェックインには速すぎると言われたため、周辺をドライブすることにします。14時について、16時からの受付なので、ドライブの予定はおよそ2時間です。

どこに行こうかなと考えて、思いついたのは、この奥にある蒜山高原か、玉泉寺のどちらかになります。蒜山高原に2時間でドライブするには、やや無理があり、玉泉寺にしました。

隕石 岡山県玉泉寺

川沿いに沿って、山奥に進むと、ビニールハウスが並んでいます。何を栽培しているのか覗いて見ました。ここは、トマトを栽培しているようです。青々とした立派なトマトがなっています。採りたてのトマトがほしくなり、ビニールハウスにいる人を探すと、おじさんがちょうどトマトを収穫しています。

分けてくださいとお願いしても、直販はしないと言います。神戸から来たんですから、そこを何とか・・・と食い下がると、「うちのために神戸から来たんじゃぁなかろうが」と…、この一言に絶句。確かに、このビニールハウスのために、トマトがほしくて来たのではありません。通りすがりに見つけたトマトなので、あきらめました。

隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺

さらに、川に沿って、山奥に進んでいくと、道幅はどんどん狭くなり、もし、対向車が現れると、片方は、左手側は、一歩誤ると、川に落ちてしまいそうな細道です。対向車がきませんようにと、ただただ、祈りながら進みます。途中、真庭市教育委員会が作った、案内板がありました。車を停めて読んでみると、どうやら、江戸時代の百姓一揆の内容でした。

隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺
隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺
クリックして拡大します。

凶作があると、年貢米が納められず、年貢米を取り立てられると、食べるものもなくなり、ついには、百姓一揆が起こります。一揆を起こすのも命がけで、捕まると、打ち首、見せしめの重罪があることを覚悟の上です。それでも、みんなのために、年貢米の減額を願って一揆が起こります。享保十一年のことです。その山中一揆で、一揆を制圧するために、一番軍力が集中的に投入されたのが、この地なのだそうです。

一揆を起こした、指導者は死罪となり、この一揆で51名の死者を出しました。この一揆参加した正義感あふれる七郎兵衛の死を悼み、墓と「剣のみさき」を作って、祀ったそうです。 細い道を抜けて、玉泉寺に着きました。

隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺

駐車場から見える玉泉寺は、比較的新しいお堂が、建っています。それにしても山の中で、お寺の檀家の数が、どのくらいあるのか、心配です。案内書では、玉泉寺は、ガン封じ・厄除けの寺と書かれています。

隕石 岡山県玉泉寺

駐車場に車を置いて、ゆるやかなスロープを歩いて上がると、スロープの左側には、お参りに来た人が置いていった、お賽銭が続いています。お賽銭は、ほとんどが1円玉です。

「鉄山地区圃場(ほじょう)整備事業記念碑」という記念碑があります。農業だけでは、この地方の事業はうまく行かなくなってきた、高度経済成長期の1970年代に、事業改革を行うべく、近隣の農家の理解を得て、圃場(ほじょう)整備を行いました。その大事業の成功を記念した、記念碑だそうです。

隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺
事業成功の記念碑がありました。

玉泉寺に入ると、わずか、数分で、玉泉寺の住職さんが出てきました。誰かおまいりすると、すぐに住職さんに伝わるような、隠れたシステムがあるようです。「ご祈祷ですか?」「いいえ、お参りだけです」「こちらにご案内します」「わざわざすいません」と、住職さんに案内され、お堂に上がりました。

住職さんは、ようお参りになられましたと、親切に言葉をかけていただき、祭壇を見ると、お祀りしているのは、大日如来で、宗派は真言宗でした。

隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺
隕石が展示してあります。

座ってお参りする、座布団のすぐ前に、隕石が展示してあります。こては、本物ですと書いてあります。そうすると、ハヤブサが宇宙から、星の砂を持って帰ってきたように、これは、宇宙から来たものです。隕石に触れ、願いごとをすると叶うと書いてあります。本当に、宇宙から来ただけの石で、願いが叶うのでしょうか?

少し、触ってみると、皆さんが撫でているせいで、隕石の表面は、ツルツルです。少し、重量を推し量ってみると、確かに重そうな手ごたえです。こんな隕石が、地上に飛び込んでくると、何キロ四方も土煙があがり、大変な状況だったと思います。いつ落ちたのか、どこに落ちたのか、わかりません。信者の一人が、玉泉寺に奉納したと、住職さんから聞きました。

隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺
隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺隕石 岡山県玉泉寺
クリックして拡大できます。

玉泉寺についての、お話や、この地区、真庭市鉄山地区の冬の厳しい寒さ、雪がどのくらい積もるとかを、住職さんから聞いて、そろそろお堂から退室します。お寺の敷地内には、めずらしい高野槙がありました。さらに、10月だというのにあじさいも咲いています。

2010年10月7日(木)