みずほ銀行は、第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の分割・合併により誕生しました。みずほ銀行とのご縁は、富士銀行三宮支店からです。

みずほ銀行の支店長の高山敦彦さんが、15年ぶりで訪ねて来てくれました。みずほ銀行とのご縁は、富士銀行三宮支店からです。

みずほ銀行の支店長さんが、訪ねてきました。みずほ銀行は、阪神淡路大震災の頃には、ありませんでした。みずほ銀行ができたのは、2002年にみずほフィナンシャルグループ傘下の第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の分割・合併により誕生しました。

みずほ銀行 支店長みずほ銀行 支店長

みずほ銀行の支店長さんが、さんプラザコンタクトレンズの社長さんに、会いに来たのは、背後に金融関係はまったくありません。では、どうして、みずほ銀行の支店長さんが訪ねて来たのでしょうか。

話は、今を遡ること15年も前になります。阪神淡路大震災の起きる少し前の頃、取引先銀行は、みずほ銀行の前の名前の、富士銀行です。

富士銀行 三宮支店の、若き担当者であったのが、高山敦彦さんです。高山敦彦さんにお願いして、復興支援の公的資金の借り入れのお世話を、してもらったことを思い出しました。

みずほ銀行 支店長みずほ銀行 支店長

震災の頃には、店舗は倒壊し、仮店舗を探し、復興に奔走し、それぞれ資金的にも大変な時代がありました。その頃、富士銀行の担当者として、復興を支援してくれたのが、富士銀行三宮支店と、担当者の高山敦彦さんです。

銀行員は、常に転勤がついて回ります。高山敦彦さんもその後、どこに転勤したのか知らないまま、15年が過ぎてしまいました。

みずほ銀行 支店長みずほ銀行 支店長

突然、支店長の名刺で、高山敦彦さんが、友人のプルデンシャル生命保険株式会社の木村仁さんと一緒に、遊びに来てくれました。思い出話に花が咲きました。たくさんの、銀行員がいて、その中で我が社の担当者のご縁ができ、さらに、何年もして、わざわざ訪ねて来てくれることは、希なことです。しかも、みずほ銀行学園前支店の支店長に出世されていて、偉い人になったなと、感心しました。

2010年10月5日(火)