関西学院大学大学院(大内章子ゼミ)&大阪府立大学大学院(北居明ゼミ)の共同研究会が、始まりました。

関西学院大学大学院(大内章子ゼミ)&大阪府立大学大学院(北居明ゼミ)の共同研究会に参加しました。

大阪府立大学大学院の、北居明先生から、メールが届き、北居明先生の大学院のゼミ生と、OBの皆さんへ、研究会の呼びかけがありました。

共同研究

共通のテーマ「働きがいのあるいきいきとした職場」で、2つの大学院が共同研究をして、ゴールとしては、本を出版すると言う呼びかけです。

共同研究

場所は、大阪梅田の近く、茶屋町にある関西学院大学の梅田キャンパスです。関西学院大学の梅田キャンパスは、茶屋町アプローズタワーにあります。

共同研究

2010年9月25日(土)朝9時半に集合です。30分程度で自己紹介をして、すぐにチームを編成します。

共同研究

チームに分かれると、KJ法を使った”個人の働きがい”について、グループごとの意見を出します。

共同研究

同じような要領で、”職場の働きがい”についても、KJ法を使ってグループ毎の意見をだします。

共同研究

その後11時半頃には、北居明先生と、大内章子先生の2人から、全体のまとめの意見を聞き、次の第二回の合同ゼミまでに、課題が出ました。宿題です。

共同研究

主に、企業の組織文化を研究する2つの大学院ゼミなので、基礎的な知識もあり、なかなか良いペースで、進みました。

共同研究

初対面の2つの合同ゼミが、短時間で、2つのテーマについて、概要が発表され熱心に意見が討議されたのも、ゴールとして、研究成果を本にして出版しようという、全体ゴールが受け入れられているからです。

共同研究

どのくらいの人数が、集まるのかと思っていました。2つのゼミで、およそ30名の社会人の方が集まり、名刺も交換しあいました。

共同研究

今日の、第一回目は、顔合わせでもあり、ゼミの後の、飲み会があれば、一層、打ち解け合えるのですが、お昼に終わったため、まだ日は明るく、次の予定もある方も多く、飲み会はありませんでした。

共同研究

2010年9月25日(土)