前方後円墳 「前方後円墳防水と埋戻し工事」松葉博雄の記念モニュメント~ 第4話 ~ 社長ブログ/研究ブログ/松葉研究/全国の松葉さん

前方後円墳 「前方後円墳防水と埋戻し工事」松葉博雄の記念モニュメント~ 第4話 ~ のどかな村里には、桃の花がちょうど咲き、ぽかぽかと陽気が暖かくなったころ、コンクリート打ちが始まることとなります。 社長ブログ/研究ブログ/松葉研究/全国の松葉さん

ミキサー車で運ばれたコンクリートは、型枠の中に鯛焼きを作るメリケン粉の液状のように流し込まれて、コンクリートが固まると型枠にそった形が出てきます。

桃の花も散った頃には、型枠は外され、コンクリートの打ちっぱなしの状況ができました。

形ができると防水工事に取り掛かります。長い風雪に耐えていくためには、水に対する下地処理が上手くいかなければコンクリートは風化していきます。そのための防水下地工事が大切なことになります。

当然、室内の防水工事も行われています。人の出入りする部分については左官工事をし、表面をきれいに仕上げていきます。

防水シートをさらに張りつけ、トーチ工法によるアスファルト防水下地処理工事は終りました。

これで防水が完了しました。

内部の工事が進み、防水処理も完了すると、埋戻しにかかります。

埋戻しをすると、またローラーで重圧をかけ、道路工事のように表面を固める転圧を行います。

土で蓋をするような形になりました。大雨が降るときも、梅雨時のように雨が続く時も、水が溜まり、前方後円墳を侵すことがないように排水については十分な設計上の配慮をしています。

天井からは自然の光を採り入れるように、工夫をしています。

コンクリートを使っただけでは寿命は60年程度で、何百年にも渡ってこの前方後円墳をもたせるためには、さらにこの上から自然の石を使った工事が続きます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です