離島宿泊:久高島宿泊交流会館に泊まります。久高島宿泊交流館には久高島の歴史資料館があります。(6)

離島宿泊:久高島宿泊交流会館に泊まります。内間 豊さんの紹介で、久高島宿泊交流館に泊まります。久高島宿泊交流館には、久高島の歴史資料館があります。久高島には、ハブはいません。第121回沖縄訪問(6)

離島宿泊をします。久高島に渡る船は、小さい船で、フェリーボートですが、積載できる車は、わずか4台です。14時15分出発です。

久高島は日差しが強いので、安座真港の売店で麦わら帽子を買いました。1050円です。

片山正喜さんの愛犬、リーも一緒に離島宿泊です。

波も穏やかで、船酔いすることはありません。

船は、知念半島から久高島に進みます。

途中の海には、わずかな緑と、白い砂浜が広がる、無人島を横に見て進みます。

若い女性だけのグループが、何組か乗り合わせています。モデルになったような気持ちになるのか、デッキの一番後ろの方で、写真を撮りあいっこしています。

25分ほどの乗船で、久高港に入ってきました。

久高島に上陸するのは、これで何回目でしょうか?久高島に上陸すると、迎えに来てくれた内間 豊さんと、初めての顔合わせをします。内間 豊さんの車に、乗せてもらって、久高島宿泊交流館に入って、離島宿泊の為に進んで行きます。

片山正喜さんの友達の、内間(うちま)豊さんが、離島宿泊の案内をしてくれます。この久高島宿泊交流館は、久高町が久高の村でつくって、そして民間NPOが運営しているそうです。飲食、宿泊、会議やコンサートに使える多目的ホール、久高島民族資料室もあります。

高島宿泊交流館の宿泊は、一拍3500円素泊まりです。キッチンや、シャワールーム、会議場など色々な設備がありますが、テレビはありません。テレビの代わりにあるのは、久高島のビデオだそうです。これも離島宿泊の醍醐味です。

久高島に来る前に、人工衛星でとった写真を見ると、久高島では島の周りに、一本の白い線がありました。これはいったい何だろうかと、実際に見てみたいと思っています。人工衛星から見える、一本の白い線とは、なんでしょうか?

離島宿泊生活が始まりました。

高島宿泊交流館から、自転車を借りて、島を一周します、自転車は一時間300円です。

片山正喜さんと二人で、自転車で島を一周することにしました。リーは、片山正喜さんの後ろを着いて走ります。

炎天下の下で、灼熱に焼けた舗装道路を、リーは、毛皮を着て走るのですから、息もあがり、暑苦しそうで、同情してしまいます。

2010年8月25日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です