復興への始動、片付け、道路復旧、仮店舗探し:阪神淡路大震災後10日目~11日目

 今西ビルが仮設店舗になりそうです。今西ビルは、神戸市役所の近くにあります。

今日は先日安否を確認のために訪ねていった竹内くんが出社していました。竹内くんは実家が加西市なので、加西市の実家に一時避難していたということがわかりました。

眼科の方もだんだんと安否がわかって、そして復旧のためにと出社してくれるようになりましたので、今日は倉庫を整理することから始めました。

「高速道路を走行中、震災に遭遇しあわや転落の寸前で踏みとどまったバス」 【2005年1月12日放映 読売テレビより】

倉庫に大切なものがあることと、これを整理しておかなければ店舗の荷物を移すスペースがないので、倉庫を整理することが必要となります。

倉庫のドアを開けてみて驚きました。強そうに見えるスチール棚がまるで骨が折れたように骨折状態でその上においていた荷物は、棚が崩れたためにあたり一面に散乱しています。書類、荷物、商品、在庫品が重なってグチャグチャになり、中に一歩も入ることが出来ません。今日のところは倉庫の整理は人が出入りできる状態にまでにしかできませんでした。

一方、支援のほうはメニコンからは安永幹夫さんが線路を歩いて今日も応援に来てくれました。

廊下で、携帯コンロで沸かしているお湯で、缶ジュースを温めて飲む。このような方法で寒さからなんとか暖をとりました。

外から得られる情報は今はとても大切なので、大阪から経由して神戸の情報が入ってきます。気になる店舗の情報、お互いが知っている方、同業者の方の中で罹災をしている方や負傷を負った方がいないか等が会話の中心になります。今のところ亡くなった方や生死に関わるような深い傷を負った方はおられないとのことでした。

1995年1月26日(木)


今日から中国縦貫道は復旧しました。震災時は早朝であったため、交通機関の活動はまだ動き始めたばかりの時間帯でした。

それが大きな被害が出なかった原因のひとつのようです。しかし、その時間に運悪く高速道路を走っていた車もありました。


イメージ画像
【2002年1月12日放映読売テレビより】
1995年1月27日(金)

後から知って驚くほど幸運としか思えない状況もありました。

それは京都のバス会社が高校野球の学生を乗せて震災に遭遇した時のことです。高速道路は橋脚を繋いで道路を延ばしている部分があります。その継ぎ目の部分が崩壊し、まさにバスは道のない空間へと飛び込み、そのまま大地に墜落してしまうところを運転手さんの瞬間の判断で思い切りブレーキを踏み前方部分だけ空中に浮いてしまい、後方部分の重量でなんとかバスの身を道路に残したような、まるでアクション映画のような状態でバスと乗員は助かりました。

イメージ画像
【2002年1月12日放映読売テレビより】

その後、運転手さんが身に付けていたお守りの神社は「落ちない」という縁起で受験生には受験前にお参りをする方が増えたそうです。


移転先のビルの確保が続いています。 エクセレントビルを借りたいということで、東洋信託に電話して、なんとか貸していただきたいとお願いしました。取引先であるメニコン、東レからも口添えを依頼をしてもらうようにしました。

借りたいという方が多いようで、メニコン、東レからの依頼のことは聞いているが、すでに考えている先があるのでそちらの方に貸すことになりましたので、貸すことが出来ないというお断りのお話でした。

三宮では難しいので元町の方にも歩いて探しに行きました。めぼしいビルはどこも空いていません。

毎日毎日、車は使えないので歩いているうちにだんだんと寒さもあって足が痛くなってきました。どこを回ってもめぼしいビルはふさがっていて、もう難しいことに気がつきました。

院長と相談し、候補の中の一つである今西ビルならどうだろうか、ともう一度検討しました。今西ビルは市役所の南西側にあり、少し三宮からは距離があります。賃貸条件もかなり高いといえます。しかし、今は非常時です。移転先を確保する時に条件交渉は出来る状態ではありません。借りることが出来る人からビルを貸していっている状態です。なんとか移転先を見つけなければ再建の手が付けられない状況があり、暗いムードが続いています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です