沖縄県沖縄八重山地区・自然環境調査旅行記 その11「ヤシガニ観察」

会長の蕎麦田さんとは、このたび初めてお目にかかりました。なかなかの芸術家です。

それはどうして感じたかといえば、まずヤシガニ研究会の会員証のデザイン、ヤシガニ研究会公認のTシャツ、オニダルマオコゼのTシャツなどのデザインは、全て蕎麦田会長が自ら描いて、彩色しています。

オコゼやヤシガニの愛嬌のあるデザインは、見る人にかわいいという感じを抱かせ、好きになってしまいそうな特徴をとらえています。

夕暮れ時、絵になるような風景がありました。恋にやつれた若い娘が、恋しい人を慕いながら、夕暮れの浜辺に向かって、恋の歌を三線で爪弾いているのです。誰が見てもこれは恋に憑かれた若い女性のように見えました。しかも、きっと失恋です。

こういうときには、寅さんのように、さりげなく声をかけ、「姐さん、どうしたんだい。やけに寂しそうじゃないか、辛いことがあったんなら何でも話しちまいな。」と言いながら身の上話を聞いて、人生の機微に関わる話しに進むところです。そのように頭の中ではちゃんとシナリオができて、声をかけてみれば、「練習しているだけです」と、あっさりしたものでした。

西の島の夕方は、遅くなってもまだ明るく、暮れそうで暮れません。今夜の食事は7時ということで、加治工さんのところとマイトウゼではすぐ近くですが、食事はヤシガニ会の人たちとは、別々になりました。マイトウゼの食事の場所は、海が見えるテーブルに各自が食事を運んで、そしていただきます。

一緒に食べるのも何かの縁で、どんな人がいるのかと、見回してみると、11名の今日の宿泊者がいます。ほとんどの方が色の白い方ばかりです。この土地かな~と思われるような方はいません。そのうち追々声をかけていきます。

 


 

食事の後、加治工さんのお店に再び集合します。いよいよ本来のヤシガニ研究会の活動を控え、段々緊張感がみなぎっています。

時間もほどよい頃になり、ぼちぼちヤシガニが石垣から出てくる頃合いとなってきました。研究会の正しい出動態勢は、行く手を照らすヘッドランプを頭に装着し、手に手袋をはめ、かまれても指が切られないようにして、出発です。私は手ぬぐいを手袋の代わりに持っていきます。

だんだんと暗闇に入って、しばし行動を止め、音を潜めて周りの音に耳を傾けてみれば、確かにヤシガニがいます。さすがに会長さん、蕎麦田さんは次から次へとヤシガニを見つけています。

暗闇に目が慣れてくると「あ、ここにもいる」「ここにもいる」という声が聞こえてきました。

あまり1キロ以上の大きなものはいません。ほとんどが小さなものです。もちろん私たちは見るだけで、獲っても放してやります。

大きなヤシガニがいないということは、こんな離島でさえ、かってのような1キロ級の大きなヤシガニはめったにいなくなっています。これは、島で食べるだけでなく、島の外に販売用に捕獲して持ち出す人が増えたからです。

現に、那覇の牧志の市場では今でも箱に入れて縛られて売られています。1キロの大きさに育つには、およそ10年の歳月がかかり、小さなサイズが大きくなるまで、だんだんと捕獲対象が小さくなっていくことが心配です。

もう10匹以上見つけました。

大きいのはいません。ヤシガニの生態はまだ分からないことばかりです。

何を食べているのか、そして、どのように交尾をするのか、海に入ってまた陸にあがってくる時のルートなどもまだわかっていません。

もちろん寿命もまだ分かりません。

 


 

今日は月の光もなく、星空だけのとても暗いお天気でした。おかげで、星がとてもきれいに見えました。北斗七星がどこにあるのか、北極星がどこにあるのかということもすぐに分かりました。神戸では味わえないような満天の星空です。天の川も出ています。

調査の結果は、沢山のヤシガニを発見することができ、少しでもれまでわからなかった生態についても、手がかりがつかめました。一同、研究成果に大満足で、加治工さんの宿に戻って祝杯をあげました。もうすでに時間は12時をまわっていました。ヤシガニを見て、これだけ喜ぶ人がいるなんて、世間の人は信じてくれるでしょうか。明日の夜もまた行きます。

2005年7月5日(火)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です