娘(次女)が作ってくれた夜学食

毎日学校に行っていると、食事をする時間がありません。家に帰って食事をすれば11時近くになります。

そこで、娘(次女)が作ってくれました夜学食です。お弁当をハンカチに包んで持たせてくれました。

娘も今年から医学部の大学院に進み、お弁当を食べる人が多いので、自分で弁当を作ると言って、朝から張り切ってお弁当に取り組んでいました。

一つ作るのも、二つ作るのも、手間は一緒なので、お父さんのお弁当を作ってあげるわということになり、親子二人の大学院夜食弁当が出来上がることになりました。

中にはご飯と照り焼きとプチトマト、そしてさくらんぼが入っていました。まるで愛妻弁当のようなお弁当ですが、とても美味しくいただきました。

これを大学院の始まる前にいただきました。

ポットがあり、お茶を作ることができるので、ティーバッグをマグカップに入れて、その中に熱湯を注ぎ、玄米茶が出来上がります。

すぐ近くでは、パソコンを使ってレポートを作成している学生さんもいて、一人で食べるのはやや遠慮があるのですが、お茶も用意ができて、いよいよこれからいただきます。

今日の夜学弁当はハンバーグが入っていました。ご飯はお店で買ってきて、お弁当はおかずだけでした。

アルミ箔の小さいトレーには、この春、いただいたイカナゴのくぎ炊きが添えています。これが長持ちして、5月になってもまだおいしくいただけます。

季節柄、アメリカ産のさくらんぼが入っています。一粒がとても大きくて、プチトマトぐらいの大きさがありました。

随分とよく臭うので、何かと思えば、カップラーメンカレー味を隣の席でいただいているようでした。

食べる前にちょっと待ってもらって、写真に撮りました。よく見れば、ブラックソースと表示していました。どんな味かまだ食べたことがないのですが、きっと辛そうです。

何人かの人は、このように講義が始まる前にお弁当をいただいています。

これを食べると、空腹は満たされるのですが、その後、夜の講義は昼間の仕事の疲れもどっと出て、だんだんと睡魔との闘いとなってきます。

果たしてお弁当を持ってくることは、学問を学ぶためにはいいのでしょうか、邪魔なのでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です