日本三大珍味 沖縄(琉球)三大珍味

日本三大珍味と沖縄三大珍味は これです。

日本三大珍味とは

日本三大珍味とは、「このわた」「からすみ」「くちこ」と言われています(ウニを入れるという説もあります)。

私は普段、ケーキやお饅頭のような甘いものをほとんど食べることがありません。

甘いものを戴いた時はほとんど周りの方に差し上げています。

それで、気の毒にと思った奇特な方から辛口の珍味を戴きました。

珍味

日本三大珍味の このわた

「このわた」は海にいるなまこの腸から作ります。

一瓶のこのわたにはたくさんのなまこが必要です。

「このわた」とはナマコの腸を塩漬けし、熟成させたものです。

ナマコの異称「こ」の腸ということから、「このわた」と呼ばれるようになったようです。

「このわた」は古くから尾張(愛知県)、三河(愛知県)や、能登(石川県)の名産として知られていました。

珍味

日本三大珍味の からすみ

「からすみ」はボラの卵巣を塩蔵し、適度な塩味となるまで塩抜きし、主に天日で乾燥させたものです。

その形が「唐(中国)の墨」に似ていることが名前の由来のようです。

「からすみ」は古くから肥前(長崎県)の名産として知られていました。

【農林水産省ホームページより】

運が良いことに、最近「からすみ」を戴いて、冷蔵庫にいれたままになっていました。

珍味

日本三大珍味の くちこ

「くちこ」はなまこの中でも、冬の寒い時期のメスの卵巣を干して作ります。

くちこは軽く火に炙って食べるか、お酒に小さめに切ってくちこ酒にして飲むか、こまかく切って ご飯にまぶして食べるなどの味わい方があります。

珍味

このように別々の方から1つ1つ戴き物があり、なんと!三大珍味が揃いました。

日本三大珍味 異説


いろいろな説があるようですが、一般的には、「うに」、「このわた」、「からすみ」のことを江戸時代から日本三大珍味と言うようです。

この「うに」は元は生うにではなく、ウニの生殖巣を原料として、塩を混ぜ合わせてペースト状にした「塩うに」のことでした。

「塩うに」は「うに塩辛」とも言います。

福井県で製造された「越前雲丹(えちぜんうに)」が古くからよく知られていました。

沖縄の三大珍味

沖縄の三大珍味は内地にはない食文化から生まれています。

スクガラス

沖縄の珍味の一つに、スクガラスがあります。

初めて聞くと、窓に使うガラスかな?と、思ってしまいます。スクガラスは、カラスではありません。

スクというのは、アイゴの子供です。アイゴの子のスクを、調理したものがスクガラスです。

一般的には、塩漬けにして、半年、1年ぐらい保たせます。

>>2010年7月

スクガラスを食べる時は、全身についた、アイゴの鋭い骨、棘に舌を刺されます。

気をつけないと口がとげの中にさされます。

沖縄の伝統的な食べ方は、酢で、アイゴの子をしめると、スクのとげが収まってきます。

食べる時も、頭から口に入れ、棘に気をつけます。

>>2010年7月

しっぽから食べると、舌を刺し、スクの毒で、舌が痺れてきます。

ちょうど、歯医者さんに行って、麻酔を打った後のような、麻酔がさめてきたような、不思議な痛みです。

この、スクの痛みが、程よい痛みとして、わざと痛みを求める人さえいます。

こうなると、麻酔に憧れる、軽い中毒症です。

>>2010年7月

スクを獲るのは、大変難しいのです。

2007年7月の琉球新報では、南城市玉城奥武島の奥武漁港で、スクを大漁に水揚げする海人たちの姿が、報道されていました。

同日、松葉博雄も、報道を受けて、漁に参加させてもらいましたが、この日もスクを捕獲することは出来ませんでした。

>

>2007年7月15日朝刊より


とうふよう(豆腐餻)

とうふようは、島豆腐を麹と泡盛等で発酵させて作られています。

調理方法は、ゴーヤチャンプルーやソーメンチャンプルーに使うような、豆腐の使い方ではなく、そのまま生食

でいただきます。

豆腐餻は、貴重な食品です。沖縄の皆さんでも、なかなか手に入らない時代がありました。

少し前まで、豆腐餻を注文しておけば、6ヶ月先まで、待たされた時代もありました。

>>2015年3月

金武の観音寺の近くのお店「鍾乳洞貯蔵古酒蔵 龍の蔵」で買った、豆腐餻(とうふよう)です。

小さな豆腐餻です。ガバガバ、むしゃむしゃ、といただく食材ではありません。

>>2015年3月

こんなに小さくても、1個あたりのお値段は、150円~300円です。

スプーンで、豆腐餻を掬い取りながら、周りに染み出ている、豆腐餻の液を掬いながら、そうっと口に運びます。

>>2015年3月

豆腐餻を口に入れると、豆腐餻が発酵して、醸し出している、アルコールの、古酒のような匂いと味が、口の中

に広がってきて、口の中は、沖縄の深い味の文化が、鼻先まで伝わってきます。


ミミガー

ミミガーの材料は、毛を直火で焼いて除去した豚の耳の皮です。

野菜等と一緒に炒めたミミガーを、沖縄では「ミミガーイリチー」といいます。

甘辛く炊いたミミガーは、ビールのお伴に、とても良く合います。

>>2004年8月

ミミガーを英語に訳すと、「Okinawan dish of pig ears」です。

中国料理にも豚の耳は使われます。

豚耳といえば、2012年3月頃には、中国で、ゼラチンとプラスチックで出来た、人造の豚の耳が、500グラム12

元(約150円)で売られていた事件がありました。

>>2011年12月

ガー は、沖縄の方言で「皮」という意味です。

ミミガーの他にも、テビチー(豚足)、チラガー(顔)など、様々な部位があります。

まとめ

日本の三大珍味は、水産物の加工品です。日本酒にあう、辛口の味わいです。

「沖縄の人達は 豚はひづめと鳴き声以外は全部食べる」というように、余すところ無く美味しく食べるのが、

沖縄の独特の食文化のようです。どちらの珍味も、お酒によく合います。

2015年4月

珍味 に関する記事 アーカイブ

グルメブログ 美味しい店/手作り料理の記事もご覧ください。