初めての給料 初めての給料をもらったら、どんな使い方をするかでお金の使い方が分かります。 記念食事会

初めての給料 初めての給料をもらったら、どんな使い方をするかでお金の使い方が分かります。初めての給料は、物よりは心に残る使い方がいいなぁ。

初めての給料 初めての給料をもらったら、どんな使い方をするかでお金の使い方が分かります。息子が初めての給料で、お寿司をご馳走してくれました。

初めての給料をもらったので、松葉博雄の長男より突然食事のお誘いがありました。

「初めてお給料をもらったら、家族みんなにご馳走するわ」、という太っ腹な提案がありました。

今年の6月から新しい研修制度の下で、研修医の仕事が始まり、6月の初めてのお給料は7月に支給されました。

彼にとってみると、初めて社会人として手にした、記念すべきサラリーとなりました。

研修医は噂の通り超多忙で、記念食事会のチャンスはなかなか時間がなくて、延びていました。

やっとできた時間の連絡が生憎と急な事だったので、他の二人の子供は都合がつかず、食事会に参加できませんでした。

初めてのお給料なので、あまり値段の高いところでは気の毒だし、どこにしようかとあれこれ考えました。

ちょうど夏は鱧(はも)の美味しいシーズンなので、鱧料理を食べに行く事にしました。

選んだ店は三宮の生田東門筋にある「安さん」です。

お店の前にはガラスの水槽があり、水槽の中にはアナゴや鱧のような、細長い魚が網に入れられていました。

初めてのお給料を息子が頂いたので、まずは祝杯です。初めてのお給料をいただいた事を祝いました。

つきだしには”明石のタコのぶつ切り”が出ました。

鱧は湯引きにして、梅肉でいただきました。

お店の板前さんが言うことには、「料理の時に魚の匂いがしてはいけない。良いものは匂いがしないものだ」といいながら、鱧をさばいていました。

鱧は淡路産で、皿に盛られた鱧は雪のように白く、綿のようにふっくらと張りがありました。

このあと、お寿司をいただきました。

お寿司も活きが良く、海老などはまだピリピリと動いていました。

アナゴは、蒸しアナゴにされ、やわらかさと甘味がとろけるようにありました。

家族全員でお祝いができたら良かったのですが、日曜日と言っても、あとの二人は医療現場からはなかなか手が離せなくて、全員が揃う機会は少なくなりました。

今日の食事会はタコや鱧やお寿司もさることながら、息子が自分で稼ぐようになったことが、とっても嬉しいご馳走でした。

初めてのお給料で、ご馳走になりました。とっても美味しかったです。

2004年8月1日(日)