土佐の鯨:高知県大方町の土佐のホエールウォッチング

高知県大方町の土佐に、鯨を見るホエールウォッチングに行ってきました。

2003年9月、土佐湾のホエールウォッチングに行ってきました。幸いに天気も良く、一日中、海も穏やかで、舟の揺れも少なく、快適なホエールウォッチングとなりました。太平洋の沖を目指して漁船でどんどん進み鯨を探しに行きます。周りは海で方向は船頭さんにしかわかりません。

※ イメージ図
※イメージ図(大方町観光案内図)

今日のホエールウォッチングのお客さんは4人だけで、ほとんど貸し切り状態でした。沖に出て行くに従い、海は青く、水は澄んできます。鯨を見つける為、船長さんは無線で、仲間の船と連絡を取り合っていました。

目安となるのは、沖に群がるカモメの群です。鯨が餌となる魚を追えば、おこぼれに預かろうと、カモメが集まって来るようです。3時間くらいずっと探し続け ました。遥か行く手の先に、期待のカモメが群れ飛び交い、なんだか今にも鯨が大きく飛び跳ねたり、潮を何十メートルも吹き上げるのではないかという兆しを 感じました。

チラッと、本当にチラッとですが鯨は見えました。 鯨は呼吸の為に水面に浮上します。大人だと40分、幼い鯨だと、5分ぐらい呼吸をしないで潜れるようです。だから、一度上がると次にどこで浮上するやら、いつ浮上するやら、根気良く鯨を待つ事になります。鯨を待つ時は船のエンジンを止めた方が逃げないようです。

エンジンを止めて波に船を任せると、船酔いをします。このため、時々はエンジンをかけて船を移動させます。私は太陽をいっぱい浴びて、船の一番舳先のマストに背中をもたれて、青い海と白い雲の合間に見える、カモメを見続けていました。


※イメージ図

9月といっても、初旬なので真夏とは違う残暑の日差しを浴びて、水着の姿で船の先端の舳先に、縛られたようにして立っていました。もし鯨がすぐ側で見えることなら、今にも、海に飛び込むことさえ可能な状態で待機していました。だんだんと陽は西に傾き、どこまで船は来たのか分かりませんが、船長さんは私の期待に応えたいという気持ちが通じました。

なんとか、すぐ側で鯨を見せてあげたいと思ったのでしょう。少しずつ帰途につき始めたころ、もう一度カモメの群れを発見、大急ぎで舳先をカモメの方にとり、鯨を確かめに船は進みました。ここでも、鯨はすぐに潜りこみ、次にいつ出てくるかわからない状態になりました。

とうとう諦めて、この日のホエールウォッチングは終わる事になりました。大方町の港に着く頃は、陽は傾きもう夕暮れ時になりました。初秋の夕陽は、山際に沈み、稜線がくっきりと船から見えました。秋の陽はつるべ落としといいますが、陽が沈むのが早くなったとふと思いました。

船長さんに根気良く鯨を追い求めていただいたお礼を言いました。勝手に想像した、鯨のジャンプを見られなかったので、私の気持ちは少し名残惜しさを残して、大方町のホエールウォッチングが終了しました。

※ イメージ図(大方町観光案内図)

またいつの日か、思う存分鯨を追いかけ、鯨と一緒に泳げたら・・・と思いました。