三国志の曹操の梅にまつわる二題、「青梅、渇を癒す」「青梅、酒を煮て、英雄を論ず」

三国志の曹操の梅にまつわる二題、曹操が炎暑の中で行軍中、機転を利かせて兵士の喉の渇きを「青梅、渇を癒す」 曹操と、劉備玄徳が、英雄論を「青梅、酒を煮て、英雄を論ず」

三国志の曹操の梅にまつわる二題です。一つは「青梅、渇を癒す」、もう一つは「青梅、酒を煮て、英雄を論ず」です。

梅雨に入ると、梅酒の漬け込み時期が来たことを思い出します。今年も梅酒作りの季節がやってきました。

日本の人と風土が育み、親しまれてきた梅酒。梅酒のこの季節が、伝統の梅酒作りシーズンです。

今日は、梅狩りにはぴったりのお天気なので、淡路の庭の、青梅を収穫に行きました。

途中、明石海峡を渡った岩屋側で、眺望の素晴らしさに魅入られました。

明石海峡大橋を支えるケーブルと、明石海峡公園前の椰子の樹 並木です。

2月に咲いていた庭の梅は、見事な梅の実の出来映えでした。

梅といえば、三国志の曹操の梅にまつわる二題、を思い出します。

一つは、「青梅、渇を癒す」の話です。

曹操が張繍征伐に出向いた時、炎暑の中で行軍中、水もなく兵は渇きに苦しみました。

その時、曹操はとっさに、「この先に行けば、小梅の熟した梅林がある」、と偽って進むうちに、兵は皆、口の中に唾が溜まり、喉の渇きを癒すことができた、という古事を思い出します。

もう一つは、「青梅、酒を煮て、英雄を論ず」の話です。

曹操と、劉備玄徳が、梅園で、梅の実を肴に、天下の英雄を論じた時の話です。

曹操は玄徳の人物を推し量ろうと、真の英雄とは誰か、という議論を玄徳に挑みます。

玄徳は、当時曹操に囲われの身であった為、偽って自分を小さく見せることで、曹操に殺されないように用心しています。

この時、一時、雷が突然、鳴り響き、玄徳は雷に怯えた様子をとり、机の下へ潜り込みます。

震え、雷をいかにも恐がっている小心者を装います。曹操はこの様子を見て安心し、その後、玄徳を「雷怯子」と甘く見てしまいます。

庭の梅の木は、私より高いところに梅をつけています。

どうしたら梅の実を傷つけないように採ろうかと、少し考えてみました。

考えついたのは、魚を獲るヤスを使い、傘を開いて下で受けるという方法です。

大粒の、ふくよかな、張りのある青梅がかなりたくさん収穫できました。

これだと幅広くキャッチでき、着地時のダメージは少なくなります。

高いところの実は、ヤスの先が三つに割れていることを利用して、挟み採ります。

なかなか上手く行きました。さらに地面には布団を敷きました。

甘酸っぱい香りを放ち、曹操の「青梅、渇を癒す」の古事のように、喉から唾が沸くようです。

梅酒作りにつきましては、続報とさせていただきます。

日も傾き始め、梅の実の収穫を終わり、急ぎ帰宅をして、青梅で梅酒作りにとりかかります。

~梅酒の作り方~

●材料(4リットル瓶に一杯)●

青梅:1kg
氷砂糖:1kg
ホワイトリカー:1.8リットル

●作り方●
①青梅を流水で丁寧によく洗う。

②青梅を水に4~5時間つけて、アク抜きをする。

③アクを抜いたら、ザルにあげて水気を切る。

④ヘタを取り除く。

⑤1粒ずつ水気を拭き取る。

⑥ザルの上に置いて30分~1時間程、風通しのよい所で乾かす。

⑦煮沸消毒して、よく乾かした瓶に、青梅と氷砂糖を交互に入れる。

⑧ホワイトリカーを入れる。

⑨蓋をして冷暗所で保存する。一週間ぐらいすると、氷砂糖が完全に溶ける。