西はりま天文台:国内最大の望遠鏡の名前は「なゆた」です

西はりま天文台の国内最大の望遠鏡の名前が「なゆた」に決定です。

西はりま天文台の国内最大の望遠鏡の名前が「なゆた」になったと2004年10月4日付けの朝日新聞の「青鉛筆」のコラムに掲載されていました。

2004年11月に公開する、西はりま天文台の国内最大の望遠鏡の愛称を一般公募していました。

その結果、西はりま天文台への3600通の応募者の中から採用されたのは「なゆた」という名前です。

「なゆた」はサンスクリット語で”極めて大きな数量”を意味します。このなゆたの名称が定まった事を記念して、11月の西はりま天文台のオープンに全国の「なゆたさん」を募り、一足早く国内最大の望遠鏡での観測をしてもらうことになったそうです。

なゆたは漢字でも仮名でも問わないそうです。

※ 記事画像=朝日新聞より

秋になり、冬になると、空の空気が澄んできます。西はりま天文台の新しい国内最大の望遠鏡「なゆた」を見学に行きたいと思います。

どこまで宇宙の先が見えるのでしょうか。今から楽しみです。