読む薬

読む薬があります。読むと、体に効く効果があります。

読む薬とは、松葉博雄のホームページを読んで、元気が出たと入院中の読者から、飲む薬の他に、読む薬があることを教えてくれました。

社長研究室の読者から、感想についてメールをいただきました。読む薬だそうです。ありがとうございました。

その概要は、読者のアサノさんの健康状態が悪くなり、現在、舌癌の闘病生活を送っておられます。しかし、いつか健康を回復し、きっと元気な体を回復するぞと、心中深く期しておられるようです。

そんな時に偶然、松葉博雄の社長研究室を見つけ、毎日読んでいるとの事でした。

どの部分が特に良かったのかはわかりませんが、メールでの投稿をいただいた中で、私自身が嬉しくなった事があります。私の行動がとても良い刺激になり、元気が沸いてきた、ということでした。

そうです。私自身が気が付かないところで、私の研究室が読む薬になっていたのです。

飲む薬もありますが、読む薬もあるのだなぁと、改めて思いました。

私自身は意識して方向付けをしていたわけではありませんが、このホームページが誰かのお役に立つのであれば、一層の励みになります。

投稿頂いたアサノ様、また薬効があればご投稿ください。

お見舞いのお花を差し上げます。暑さ厳しい折、ご自愛ください。