MUKKクラブの食事会

府立大学の大学院の仲良しクラブ、松葉、植田、川辺、木村4名の、このイニシャルの4つを合わせてMUKKクラブが出来ました。

MUKKクラブは初めての奥さんを入れての設立総会を今日開きました。場所は、植田さんのお世話で芦屋の「竹園」で行いました。

ここを選んだ理由は、大阪と神戸との地理的な中間の位置にあるからです。ホテル竹園は高校野球やプロ野球の定宿となる竹園旅館が母体です。予定より少し早く着いたので、待っていました。ほどなく4組のご夫妻が揃いました。

8人が揃ったので、まず提案者の松葉博雄から今回のMUKKクラブの設立のいきさつと今後の活動方針について、概略をお話ししました。すでにお家では4人組の話は伝わって、理解されていたので、皆さんとも今後ともよろしくお願いしますという賛同となりました。

この4人組の共通点は、好奇心が旺盛なこと、奥様を大事にしていて、大学院であったことはその日のうちに報告をしているようです。

府立大大学院について、だいたいの雰囲気はすでに知っておられるようですが、やはり名前と顔が一致するには、会ってこそ、話してこそ、一層理解が深まるために会食となりました。

昼食を食べながらの懇親会なので、出てくるお料理についても紹介をいたします。ここのお肉はとても有名なので、ステーキをいただきました。

ステーキにかかっているソースがとてもおいしく、赤ワインがついていましたが、お肉とワインがよく適合っていました。

松葉博雄の提案で、それぞれのご夫妻の出会いと、馴れ初めとか、マッチングのきっかけなどを一組ずつ発表し合いました。よそのお家のお話しを聞くこともなかなか面白いものでした。どなたも向学心があり、夜遅く帰っても、予習、復習などにも励み、奥様方は感心しておられました。怪しいところに行って、怪しげな遊びやら、怪しいことをするよりは、よっぽど安心のようでした。

その喜びようは、まるで、自分の子供が勉強すると手放しで喜ぶ母親のような抱擁感に包まれたような感じでした。そうなんです、お母さんは、子供が勉強してると喜んでおやつを出してくれたり、夜食の準備もしてくれることがありました。昔、それをいいことに、勉強の真似をしたことを思い出しました。

これからも仲良く8人のメンバーで集まって、夏休みに旅行などもしていこうと思っています。皆さん、よろしくお願いします。

2005年7月24日(日)